2015-08-13

アレルギーっ子の兄弟姉妹。2人目はどうする?

第1子がアレルギーを持って産まれてきた場合、次の子もアレルギーがあるのかも…と不安になるのではないでしょうか。

うちは上の子どもがマルチアレルギーです。うちの場合は生後9ヶ月の時にアレルギーが発覚しましたが、1歳1ヶ月の時に2人目を妊娠しました。(主人の)年齢的に2人目を産むなら早い方が良いと考えていたので、思い切った結果でした。

時間に余裕があれば、きっともっと悩んでいたと思います。

結果的には下の子はアレルギーは持たずに産まれてきましたが、こればっかりは産まれてみないとわかりませんよね。

私が妊娠中気になったのは、上の子と下の子が違うアレルギーを持っていたら、一番大変だろうなぁということ。

アレルギーっ子はアレルゲンに触れないように注意することが必要ですが、数少ない食べられるものをきちんと摂取していくことも重要です。

たとえばうちの子で言うと、卵・牛乳・小麦はNGですが、大豆はOKです。ですから豆腐や豆乳、揚げなどを積極的に食べさせるようにしています。そういった家庭に、大豆アレルギーの子が産まれたら、これまで通り上の子に自由に食事をさせられなくなるかもしれません。

またうちのように、片方がアレルギーを持っていない場合、食べられるものが違うので、特に小さい子どもは手づかみ食べや遊び食べをするので注意をして見ておかないといけません。

それ以外にも、もし片方が食べられないものを食べていたら羨ましく思うでしょう。そういった場合の心のケアも必要です。

一番辛くて大変なのはもちろんアレルギーを持った子どもですが、子どものアレルギーが発覚した時点で、親としても様々な覚悟を余儀なくされたのではないでしょうか。

親と子ども、一緒に成長して共に乗り越えて、『アレルギーなんてどうってことない』と言えるようになれば良いなと思います。

 

関連記事
アレルギーっ子でも、みんなと同じものが食べたい!
真空保存に真空調理。アレルギーっ子の手作りレトルト調理法
妊娠中や授乳中のアレルギー予防は必要?

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

タグ: , ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA