2015-08-26

お友達と一緒のおもちゃで遊んでも大丈夫?

小さな子どもって、すぐ口に手を入れたり、何かを食べた手でおもちゃを触ったりしますよね。

アレルギーっ子を持つ親としては、周りの子どもたちのこの行動にはとてもひやひやさせられました。

仲の良い子なら、さりげなくウエットティッシュを渡すこともできるのですが、知らない子どもにはなかなかそういうこともできず、見ているだけしかできませんでした。

他の子どもたちと同じおもちゃで遊ばせるのが怖いのは、気にしすぎなのかなぁ?と思ったこともありましたが、実際保育園では何も食べていないのにじんましんや顔の腫れがあったりしたので、何らかのアレルゲンに反応していたことには間違いないと思います。

保育園の先生には、『園生活内では注意しますが、お友達が家庭で何を食べてきて、何を触ったかまでは気を付けようがありません』と言われました。当たり前ですよね。

園生活中で原因不明のアレルギー症状がでると、ハウスダストが原因ではないかと言われることがありますが、病院の先生に聞いたところ、ハウスダストで顔が腫れることは少ないと言われました。よく聞くのは呼吸器の症状ですね。

ですから、何か食品、または小麦ねんどなどのアレルゲンが含まれたおもちゃ、その他アレルゲンが付着したものに触れて、その手を自分の口に入れたという可能性が一番濃厚だと、私は思っていました。

保育園の2歳児クラス(満3歳児)が修了し、幼稚園の年少に上がると、原因不明のじんましんの頻度が減りました。

これは、年齢的に口に手を入れなくなったからじゃないのかなぁと感じています。

結局のところ、目に見えない程度のものなので、本当の原因はわからないのですが、成長とともに減っていって少しでも安心できるようになればいいですね。

ただ大きくなれば今度は、ふざけて口に手を入れたり、お友達とちゅーしたり、周りの子どもたちとの関わり合いがより一層増えるので、引き続き注意は必要です(^^;)

関連記事
ママ友にアレルギーをどうやって伝える?
アレルギーっ子の幼稚園給食。どこまで対応してもらえる?
牛乳パック、卵のケース。アレルギーっ子はどこまで気にするべき?

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA