2015-09-06

すりつぶさないと吸収されない?ゴマの栄養素とアレルギー

黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなど、料理をする際にいろいろと使い分けられる便利なゴマですが、ゴマアレルギーは重篤な症状の出る可能性のあるアレルギーのひとつです。

よくゴマの栄養素は、皮が硬いためすりつぶさないと消化・吸収されないといわれます。

ではアレルゲンであるたんぱく質はどうなのかと調べてみたところ、すりつぶさないとアレルギー反応が出ない人もいれば、いりごまなどのすりつぶしていないものでもアレルギー反応が出る人もいるようです。

微量でのアナフィラキシーの可能性のある食材なので、外皮があっても反応する場合はアレルギー症状が重いと思って良いと思います。

ゴマ油はゴマの成分がふんだんに抽出されているため、ゴマアレルギーで最も注意が必要です。

原材料に植物性油脂という記載がある場合、中身にゴマ油が使われていたとしても、原材料表示には書かれていない場合もあります。(植物性油脂の原料には大豆もありますので、表示義務がないアレルゲンはメーカーに問い合わせるなどの確認が必要です)

ゴマアレルギーは長引くアレルギーとして知られています。一度発症するとなかなか治ることがありません。

健康に良いイメージがあるからと、子どもに積極的に与えていると発症する場合もあるそうです。

やはり何でも同じものを食べすぎるより、バランスよくいろいろな食材を摂取する方が良いですね。

ゴマは現在、”特定原材料に準ずるもの”に指定されていますが、対象から外れていた時期もあったりするので、最新の情報を把握していることが重要です。

関連記事
コンタミとは?どこまで気にすればよいの?
レシチンとは?分かりにくい原材料
特定原材料・特定原材料に準ずるもの

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA