2015-09-16

子どもだってストレスでじんましんが出ることが?アレルギー以外の症状

アレルギーっ子はちょっとしたことでじんましんが出るので、何が原因だったんだろう?と気になることも多いですよね。

間違って何か口に入れてしまったのか?手で触ってしまったのか?おともだちの手に何かついていたのか?など、可能性をあげるとキリがありません。

重篤な症状が出る場合は放ってはおけませんが、数分から数十分で症状が治まる場合には、だんだんとそれほど気にしなくなってしまったり…。

それぐらい、軽いじんましんはしょっちゅう出るんですよね~。

そんなじんましんの原因のひとつに、ストレスがあります。

ストレスが原因のじんましんは大人の症状として多いですが、子どもにだってストレスはあります。

環境が変わるタイミングでストレスを感じることが多いので、うちの経験上では入園の時期や、下の子が産まれたときにじんましんが出やすかった気がします。

子どもは遊びや毎日の生活に夢中なので、自分で自分のストレスに気づいていないこともあると思います。ですから体の症状が先に出てしまうのではないでしょうか。

病気をしている最中や、病み上がりなどもストレスを感じやすいですし、何より体が弱っているため、じんましんやその他のアレルギー症状もでやすくなります。

うちでは新たに食べさせたことのない食べ物にチャレンジするときは、必ず体調の良いときにします。

私はワーキングマザーなので本当は家にいる時間が長いとき(=病気などで休んでいるとき)の方が挑戦しやすいのですが、症状が大きく出ると困るので、そこは守っています。

経口負荷試験も同じく体調の良いときにしかできませんので、負荷試験をする1週間以内に病気をした場合には延期になることもあります。

アレルギー症状とその他の症状の区別をするのは難しいですし、原因を探るのも容易ではありません。

気持ちや体調に余裕があるときにチャレンジしましょう。

関連記事
お友達と一緒のおもちゃで遊んでも大丈夫?
じんましんの原因にも!ラテックス・フルーツ症候群
鮭、タラ、サバなどでじんましん?魚のアレルギー

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA