2015-09-17

卵アレルギーでラムネは食べられる?

子どものおやつで食べさせることも多いラムネですが、うちの子どもも好きなようでよく食べます。

そんなラムネの原材料には”卵殻カルシウム”が使われていることがあります。

卵殻カルシウムとは、名前の通り卵の殻から作られたカルシウムです。

卵の殻ということは、やっぱり卵アレルギーだと食べられないの?と思うでしょうが、卵殻カルシウムは基本的には卵アレルギーでもOKな原料です。

卵殻カルシウムには、焼成と未焼成があります。焼成の方は高温処理されていてたんぱく質が残存しないため、卵アレルギーでも症状は出ないので、原材料表示に卵の記載をしなくても良いことになっています。

未焼成の方は原材料には載りますが、現在の専門家の考えでは、焼成と同じくアレルゲンが残っていないと考えられています。

とはいえ卵と書かれている以上気になりますよね。

うちは幼稚園の延長保育のおやつでクッピーラムネが出る日があるのですが、幼稚園側から除去しますといわれました。

自宅で食べたことはあるので大丈夫なんですが、親のいないところで何かあっても困るので、除去を受け入れました。

余談ですがこのクッピーラムネ、大袋と小袋で原材料が違います。

幼稚園でメニューのチェックをする際に、食べられるのかどうかはきちんと調べたのですが、私が思っていたもの(大袋)と幼稚園で出されるもの(小袋)では、卵の有無が違ったためNGになりました。

卵アレルギーがあるお子さんで、卵殻カルシウムが心配な方は、大袋の方だと入っていないので食べられますよ♪(原材料は変わることがあるので購入の度にチェックしてくださいね。)

関連記事
いつも食べているものでも注意が必要。原材料は毎回確認を
原材料の表示は免除される場合もあります。JAS法、食品衛生法
カルシウム不足が気にならない?乳アレルギーのカルシウム摂取法

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA