2015-10-02

ゼラチンアレルギーは肉アレルギーと関連している?

ゼリーはアレルギーっ子でも食べやすそうに思える食品ですが、使用されているゼラチンはアレルギー反応を起こす可能性のある食材です。

ゼラチンはコラーゲンを消化吸収しやすく加工したもので、牛の骨や豚の皮から作られます。そのため、牛肉・豚肉にアレルギー反応を示す場合には注意が必要です。

以前は予防接種にも含まれていることがありました。今は使われていないようですが、ゼラチンに限らずアレルギーっ子の場合には予防接種の際の説明書きを熟読して、わからないことはお医者さんに質問しておいた方が良いでしょう。

ゼラチンが食べられない子どもには、寒天でゼリーを作ることができます。

寒天は海藻なので、タンパク質は少なくアレルギーを起こしにくい食材です。

うちの子の幼稚園の給食でも、デザートのゼリーの材料はゼラチンではなく寒天になっています。

ただ寒天の方が繊維質で固いため、離乳食の時期の子どもには向かないかもしれません。

それから酸っぱいものを一緒に入れると固まりにくくなるので、フルーツを入れたい場合は、甘みのあるジュースも足してみるなどの工夫が必要です。

関連記事
複合原材料って知ってる?見落としに注意が必要な原材料表示
仮性アレルゲンとは?食物不耐症とアレルギー
肉アレルギーの原因はある種類の虫だった?

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA