2015-10-07

赤ちゃん用のアレルギー対応ミルク

うちの子どもは乳児期(9か月)でアレルギーが発覚しました。

離乳食が開始していたので除去食を作り始めましたが、食事以外は完母だったため、私も食事制限を始めました。

母乳からのアレルゲンの移行は少ないと言われていますが、アレルギーの数値が高い場合などには、母親も除去食を試してみることを勧められます。

私の場合は、小麦製品を食べなくなると子どもの湿疹がすぐに治りました。

小麦以外の卵や乳はそこまで効果は見られませんでしたが、明らかに自分が食べない方が良いとわかったため、母乳を与えるのをやめるまではずっと除去食でした。
(ちなみに断乳は1歳1か月だったため、そこまで無理のある除去はしなくても大丈夫でした。)

母親の除去食は人によってはなかなか難しい場合もあります。

好きなものを食べられないことがストレスにつながる場合は、母乳をやめてミルクにするように勧められます。

私は病院で、乳アレルギー対応の粉ミルクのサンプルをもらいました。
(うちの場合は母乳をやめる予定はなかったのですが、近い日程で友人の結婚式があり、8時間ほど子どもと離れる予定があったため、かかりつけ医に相談しました。)

そこでもらったのは明治乳業のミルフィーと、森永乳業のニューMA-1の2種類でした。

完全に乳成分が含まれていないわけではなく、アレルギーが出にくいように作られているという説明を受けました。

たんぱく質が細かく分解されていて、消化が良いそうです。

ミルフィーは風味が通常の粉ミルクに近いため、赤ちゃんが飲みやすい味になっているんですよね。

もうひとつのニューMA-1の方は、より細かくたんぱく質が分解されています。

ミルフィーがダメな場合でも飲めることがあるのですが、味がイマイチらしく、ある程度成長した赤ちゃんは飲まない場合も多いとか。

うちの子も9か月だったので、『多分飲まないと思う』と言われました。

うちではサンプルを使うことは結局なかったので、商品レビューはできないのですが、アレルギー対応ミルクは他の会社からも出ているようです。

明治乳業のエピトレス、アイクレオのアイクレオハイ、森永乳業のMA-mi、ビーンスターク・スノーのペプディエットなど。

上記のアレルギー対応ミルクは微量の乳成分を含みますが、乳成分を全く含まない大豆製品のミルクでは、和光堂のボンラクトという商品もあります。

その他ミルクアレルギー、大豆アレルギーにも対応するアミノ酸調整粉乳というものもあります。

これはアレルギーの原因であるたんぱく質を含まず、アミノ酸だけで作られたミルクです。

商品名では、明治乳業のエレメンタルフォーミュラというものです。

アレルギーっ子が口にするものなので、どれを使用する場合でも、病院でお医者さんに相談しながら決める必要があります。

うちのようにサンプルをもらえる病院もあると思いますし、メーカーによっては問い合わせると送ってくれたりもするようです。

普段は母乳でも、母親が外せない予定があってミルクを考えている場合にも、病院で相談してみると良いですよ。

関連記事
仮性アレルゲンとは?食物不耐症とアレルギー
乳児のアレルギー検査を行うきっかけって?
乳アレルギーで注意が必要な、カゼインNaとは?

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメント2件

  • みぃ より:

    初めてコメントします。

    アレルギー対応のミルクにE赤ちゃん入ってますが、E赤ちゃんはミルクアレルギーの発症を抑制するだけでアレルギー対応のミルクではなかったような気がします……。

    • mikuru より:

      こんばんは。
      ご指摘ありがとうございます。
      乳成分を含むことは記載していたのですが、確かにわかりにくい表記でした。
      またお気づきの点がございましたらご連絡いただけましたらありがたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA