2015-10-11

漆(うるし)でかぶれるのはアレルギー?

漆塗りで有名な漆は、ウルシ科の植物です。

漆かぶれの原因となる物質はウルシオールと言い、かぶれるのはこのウルシオールによるアレルギー反応です。

ウルシオールは揮発性があるため、漆にアレルギー反応を示す人は、漆の木の近くを歩いただけでも症状がでることがあります。

漆かぶれは広範囲に出ることもあり、ブツブツやカサカサで真っ赤になったりします。

かゆみが強くなっていき、数日から数週間で治まりますが、治療すればもっと早く済む場合もあるようなので、かぶれた場合は早めに病院へ行く方が良いですね。

ただ漆かぶれには、対症療法しかなく、薬はかゆみを一時的に抑えるためにしか使用できず、漆かぶれ自体に効果のある薬はないようです。

漆にアレルギーがあっても漆器でかぶれることは少ないので、お椀やさじなどの食器は使用することができます。
(完全に乾くとアレルギーの心配がなくなるそうですよ。)

同じウルシ科の植物にマンゴーがありますが、漆アレルギーの場合はマンゴーにも注意が必要です。

マンゴーはあくの強い果物ですから、食べて口の中や口の周りに違和感を感じることもあるようですが、そういった症状は口腔アレルギー(食物アレルギー)の可能性もあります。

私は漆の木を見たことがないので知らなかったのですが、秋には紅葉するのでそれを見に山へ行く人も多いんだとか。

赤や黄色の葉が美しい植物だそうです。

漆に耐性があればかぶれなどのアレルギー症状はでないので、これからの季節、山の景色を見に行くのも良いですね。

関連記事
スギ、ヒノキ、カモガヤ、ハルガヤ。子どもの花粉症
喉のイガイガに注意。イチゴやリンゴ、バナナなどのフルーツアレルギー
タピオカ粉の原料は?アレルギーっ子でも大丈夫?

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA