2015-10-18

レーズンはいつから食べれるの?アレルギーっ子に食べさせても大丈夫?

先日、上の子(アレルギーっ子)、下の子(アレルギーのない子)2人共にレーズンを食べさせてみました。

レーズンって少し味が濃いですよね。

だからなんとなく、小さい子どもは食べないと思い込んでました(^^;)

でも以前に給食で、”りんごとレーズンのサラダ”があったので、幼稚園児でも食べるものなんだと初めて知りました。

調べてみたところ、離乳食でも後期から完了食ならレーズンは食べさせても良いようですね。(生のブドウはアレルギーを気にしなければ前期からOKです。)

食べ物は何でもアレルギーが出る可能性はあるので、レーズンももちろん絶対大丈夫とは言い切れません。

果物のアレルギーはキウイ、リンゴ、桃、メロン、ブドウ、バナナが多いです。

レーズンは干しブドウのことなので、ブドウにアレルギーがあれば食べられません。

うちの場合は生のブドウはOKなので、まぁ大丈夫かなぁということで食べさせてみました。

結果症状も出ず、嫌がることもなく、食べることが出来ました。

下の子はアレルギーっ子ではないのですが、味(食感?)が気に入らないらしく食べませんでした。

実はレーズンなどのドライフルーツで、注意が必要なのは『金属アレルギー』なんです。

ドライフルーツは栄養、ミネラルが豊富で、特に女性が好んで口にすることが多いのではないでしょうか。

栄養素の中には金属を含むものも多く、レーズンにも銅、鉄分などが含まれています。

そういった金属に体が反応すると、金属アレルギーを引き起こすこともあります。

元々金属アレルギーがある場合や花粉症の人など、アレルギー体質の人は食べすぎないように注意してくださいね。

関連記事
栗アレルギーにはナッツのアレルギー、ラテックスアレルギーとの関連があります
金属アレルギーで避けた方が良い食べ物とは?
仮性アレルゲンとは?食物不耐症とアレルギー

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA