2015-11-02

アレルギー性口内炎にはさまざまな原因が。

口内炎の種類にはいくつかあって、米粒のような白い丸いできものができるのはアフタ性口内炎といい、最も多い口内炎です。

それ以外に、赤く腫れてくるのカタル性口内炎や、ウイルス性の口内炎、アレルギー性の口内炎もあります。

アレルギー性の口内炎の原因は、食物(果物、野菜、チョコレートなど)、金属、化学物質、抗生剤、鎮痛剤など様々で、中でも食品に反応してできるアレルギー性口内炎は、口腔アレルギー症候群との関連がある場合もあります。

口腔アレルギー症候群の主な症状は、口の中や唇に違和感を感じたり、しびれ、腫れ、ひどいときには呼吸困難を引き起こします。

花粉症の人に多いアレルギーで、反応してしまう花粉の木と同じ科の食物を口にすると起こる場合があります。(例:シラカバ花粉とリンゴ、スギ花粉とトマト、ブタクサ花粉とメロンなど。ほかにもたくさんあります。)

症状としてはアフタ性口内炎のようなできものではなく、広範囲に赤く腫れが広がることが多いです。

これは食物が触れた部分がアレルギー反応を起こすからです。

腫れ以外には水膨れができることもあります。

口内炎にはたくさんの種類があるので、それぞれに合った治療が必要です。

私も今口内炎が出来ていますが、そういえば去年の今頃にもできていました。

その時は同じ場所にいくつもできてしまい、長引いてずっと痛かったので、最終的には歯医者に行きました(^^;)

歯石が溜まっていたのをとってもらうと、清潔になったようですぐに治りました。

痛みが続くと食事をとるのが億劫になってしまうので、長引く場合には対策が必要ですね。

関連記事
突然の円形脱毛症。アレルギーとの関連も
喉のイガイガに注意。いちごやリンゴ、バナナなどのフルーツアレルギー
チタンとは?金属アレルギーがでにくい素材

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA