2015-11-09

原材料表示でよく見かけるソルビトールとは?

うちの子たちはようかんが大好きで、他にも和菓子を食べることが多いです。

その中の原材料に、『ソルビトール』という表示をよく見かけます。

今まで食べているのでこれが何かは特に気にしたことがなかったのですが、急に思い立って調べてみました。

ソルビトールとは、糖アルコールの一種で、甘味料として使われる食品添加物です。

砂糖より低カロリーで甘さ控えめの甘味料で、人工のものはトウモロコシやじゃがいもなどのデンプンから作られます。

人工甘味料はお腹を壊しやすいという話を聞いたことはありませんか?

よくガムのパッケージにも、『一度に多量に食べると、体質によりお腹がゆるくなる場合があります』と記載されています。
(ガムは『キシリトール』が使われていることが多いですよね。同じく糖アルコールの甘味料です。)

このソルビトールも、実は下剤にも使われる原料だそうで、大量に摂取するとお腹がゆるくなり、下痢をしてしまうことがあります。

甘みをつける以外の用途としては、吸熱性があるため、ひんやりとさせる特性を持っているので、あめやガムなどに使われます。

水分を保持しやすいので化粧品にも使われたりもします。

また、食感を維持することができるため、かまぼこなどの練り製品にも使用されます。

調べているとソルビトールが危険との情報もありましたが、使われている食品も多いですし、大量摂取しない限りはそれなりに安全な食品添加物のようです。

関連記事
パスタの原材料、デュラムセモリナって?
トウモロコシアレルギーと遺伝子組み換えトウモロコシ
レシチンとは?分かりにくい原材料

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA