2015-11-17

油がアレルギーを悪化させる?体に良い油と悪い油

食用油にはいろいろな種類がありますよね。

一番よく見かけるのは、サラダ油やキャノーラ油でしょうか。

オリーブオイルやゴマ油など、料理によって使い分けたい油もあります。

少し前からココナッツオイルは美容に良いと話題ですよね。

アレルギーには、オメガ3脂肪酸の”αリノレン酸”を多く含む油が良いと言われます。

“αリノレン酸”とは体内では作り出すことのできない必須脂肪酸なので、食品から摂取する必要があります。

アレルギー抑制以外にも、血流を改善させたり、血栓を予防したり、老化を予防する効果があります。

“αリノレン酸”を多く含む油には、しそ油、エゴマ油、亜麻仁油があります。

これらの油はとても体に良いのですが、熱に弱いので加熱する食べ物には向きません。

ドレッシングなどにして生食するのがオススメです。

また、酸化しやすいので、早めに使い切る必要があり、値段も非常に高価です。

加熱して使いたい場合は、キャノーラ油やオリーブオイルが”αリノレン酸”を比較的多く含んでいます。

“αリノレン酸”は、油以外にも魚、野菜、海藻にも含まれているので、そこから摂取するのも良いですね。

対してアレルギーを悪化させると言われるのは、オメガ6脂肪酸の”リノール酸”を多く含む油です。

“リノール酸”を多く含む油は、べに花油、ひまわり油、コーン油、大豆油、ごま油とメジャーなものばかりです。

“αリノレン酸”とは真逆の働きをし、アレルギーを悪化させるほかに、炎症や血栓を促進させることもあります。

一時期、”リノール酸”が体に良いと言われていたときがありました。事実、血中コレステロールを下げる作用もあり、一概に悪いとは言い切れません。

ただ現在では、この”リノール酸”の過剰な摂取が、人間のアレルギーを悪化させることによって、花粉症やアトピーなどが増えたと言われています。

“リノール酸”は短期的に摂取すると健康に良い効果もあるようですが、長期的に多く摂取したい場合には向きません。

“αリノレン酸”とのバランスを考えながら摂取することが重要ですね。

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA