2015-07-11

牛乳パック、卵のケース。アレルギーっ子はどこまで気にするべき?

幼稚園児や保育園児は園での制作があると思いますが、そこで使われる牛乳パックや卵のケース、アレルギーっ子を持つ親としては、『触っても大丈夫なの?』と不安になりますよね。

うちの子どもも現在牛乳パックを使った作品制作をしているところですし、保育園時代には行事の際に、卵のケースを踏んで歩く(いい音がしますよね)ということをしていました。

私のリサーチ不足でそういうものを使うと気付いていなかったので、初めて見たときはちょっと焦ってしまいましたが、今のところ症状は出ていないようです。

ただやはり調べてみたところ、微量でもアレルギー症状がでてしまう子どもの場合は、洗浄が不十分な可能性のあるものは避けた方が良いようです。

心配な場合は、アレルギーの出ないもので代用してもらうことが無難です。牛乳パックの場合、同じ形状の豆乳のパックやジュースのパックなどですね。

食べたり飲んだり、口から入ったもので症状がでる子どもと、触っただけでも腫れてしまったりする子どもがいると思います。

前者の場合はそこまで気にする必要もないのかな?と私は思いますが、後者の場合は先生とよく相談してみることが大事だと思います。

最近はアレルギーを持つ子どもが多いので、園の先生方もかなり気を遣ってくれますが、うちの場合ですと、アレルギーっ子はクラスに1人だそうで、重篤なアレルギーっ子は園内でもうちの子だけのようです。ですから先生方も気付かない部分が多々あるでしょう。

気になることは、園から言われるのを待つのではなく、どんどん伝えていくのが大事だと実感しています。園で何をしているのかを把握することも重要ですよね。

 

にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA